越えられない壁:質量保存の法則

asahi.com(朝日新聞社):化石燃料使わず、生ごみを3千分の1に 処理装置開発 - 社会



焼却炉のメーカー 株式会社岩本

ほぼ黒。
“EM菌で汚泥消滅”とかそういう類。


まぁ、ざっくり言うと、

庭の隅っことかそこら辺の空き地でゴミを燃やして放置したら、灰は、風に吹かれ雨に洗われて、どっかに消えてなくなりました。

そういう代物です

もし、ゴミに重金属とかの有害物質が含まれていたら、周辺の土壌や水質が汚染されます。
非常に問題のある処理装置です。

でも、こういう物を、こういう物ということを十分に承知して買う輩がいるんです。
産業廃棄物の処理費用をケチりたい企業が、こっそり焼却処理してしまうなんてことは良くあることです・・・。


もちろん、自治体がこんな違法な物を導入することはありません。


最強ゴミ処理機 スーパーストーンクリーン(W方式)
↑ここに書いてある説明文もでたらめ。


EMと同じ臭いが漂ってます・・・。



 

質量保存の法則

asahi.com(朝日新聞社):化石燃料使わず、生ごみを3千分の1に 処理装置開発 - 社会

化石燃料を使わずに、生ごみの減量処理ができる装置を、岐阜県の石材加工会社と愛知県のごみ処理機製作会社が共同開発し、今月から事業所向けに販売を始めた。ごみを3千分の1の量の灰にすることもできるといい、国内外から問い合わせが相次いでいる。

化石燃料を使わないと言うが、実際には、間接的に石油を使っている。
ま、それはおいておいて、この手の話で注意しないといけないのは、手元に残った物ではなくて、消えた物の行方なのである。

つまり、3千分の2千九百九十九の方。

強力なバーナーを使って燃やしても、リンや塩類などの無機成分は残存するのであるが、3千分の1しか残らないと言うことは、本来、ガス化することのない、それらの無機成分も大気中に移動しているということである。

これはおかしい。
どこかにトリックがある。

おそらくは、処理装置内部で、ごく微細なススのような粒子になって、大気中に拡散していると思われる。

もし、排ガスの分析で、リンなどの無機成分が検出されないとするなら、集塵装置・脱臭装置に滞留しているはずである。


ということで、この処理装置は、かなり怪しい物件と思う。


もう一点。
ほとんどのリンが化石資源であって、現在、リンの枯渇が心配されており、近い将来、リン肥料が高騰して食料生産が相当なダメージを受けるだろうという危機感がある。
持続可能な食料生産の観点から、このような「灰が減ればOK」という考え方は感心できない。

リン資源の回収、有効利用という観点から、低コストで持続可能な生ゴミの処理法を開発して欲しい。



 

科学リテラシー?

科学リテラシークイズ | 科学と生活のイーハトーヴ

くそっ、全問正解できなかった。
6問外した。


でも、それは僕の科学リテタシーが悪いと言うより、問題の文章が悪いと思うぞ(ま、負け惜しみなのだけど)。

たとえば、第1問

1.科学的な方法として不可欠で「ない」ものは、次のうちどれでしょう?
a.自然を注意深く観察すること
b.観察したことを説明するための仮説を立てること
c.それらの仮説による予測を、観察結果に対してテストすること
d.a〜cのすべては科学的な方法に不可欠である

私は、cを選んだ。なぜなら、過去の生物の進化や、宇宙の歴史など、実験不可能な事象も科学の対象だからだ

しかし、そもそも問題が成り立たない。
回答がないからだ。
もし、dが回答なら、dは「方法」ではなく、「方法」に対する運用の「方法」だから、選択肢入れるのは、無理がある。

 

2.月は満ち欠けします。それは……
a.毎月、地球の影に隠れるから
b.太陽に面している側だけが照らされるから
c.月は潮の満ち引きを引き起こすから
d.a〜cのいずれでもない

bが正解なのだが、しかし、満ち欠けしない条件があり得る。それは、月の公転周期が一年だった場合だ。もちろん現実にはあり得ないが、思考実験としてはあり得る。

 

8.科学者たちは、次のような方法で新しい物質をつくりだします。
a.原子の性質を変える
b.新しい種類の原子を発見する
c.既に見つかっている原子を新しい方法で組み合わせる
d.a〜cのいずれでもない

dを選んだ。
たとえば、核物理の研究上で、新しい人工原子が作られたが、作られた物質が、常に新しい方法で作られたのではない。既知の方法で作られたのである。
化合物においても、既に見つかっている原子を、既知の方法で組み合わせて作られる場合がほとんどだろう。

 

13.核融合核分裂の違いは
a.核分裂は商用電力を生み出すために使われるが、核融合はそうではない
b.核融合は商用電力を生み出すために使われるが、核分裂はそうではない
c.核分裂は星のエネルギーの源であるが、核融合はそうではない
d.a〜cのいずれでもない

dを選んだ
現在、核融合を商用発電に利用すべく研究を続けているのだから、現時点で商用発電に利用されているか否かで当否を決めるのは、どうかと思う。しかも“科学リテラシー”を問う問題である。

 

16.太陽系・銀河系・そして宇宙の年齢について、もっともよく説明しているのは次のうちどれでしょうか?
a.太陽は宇宙よりかなり若い
b.太陽と宇宙はだいたい同じ年である
c.太陽は銀河系とだいたい同じ年である
d.太陽は銀河系よりも若い

dを選んでしまった。
正解は、aの“太陽は宇宙よりかなり若い”。
たしかに、「若い」より「かなり若い」の方が「かなり若い」・・・

 

19.地球の真水のほとんどは、次のうちどこかにあります。
a.アメリカ合衆国の東側
b.南極大陸
c.五大湖
d.a〜cのいずれでもない

dを選んだ。

たしかに、地球の真水に占める南極の氷の割合は大きいけれど、“ほとんど”と言えるほどではないと思うのだが・・・

 

26.現代のヒトと縁続きであると言える最初の動物が地上に現れたのは
a.数千年前
b.数百万年前
c.数十億年前
d.数兆年前

bを選んだ
つい、早とちりして、人の祖先のサルが出現した時期だと勘違いした。

追記:26は、bで正解。
pollyannaさんが間違えたようです。解答編では修正してますあります。

よって、私の誤答は5問。
26問中21問正解で、正答率8割。まぁ、合格でしょう。


 
 

EMは、やっぱりゴミです

昨日に続き、EMネタ。
ぶっちゃけ、EMだと、信者が無駄に撃たれ強いので、安心して罵倒できるから、八つ当たりには都合が良いんだよね(リアルじゃ何も言えないヘタレなので・・・)。


 
浄化のメカニズム|日本橋川・神田川に清流をよみがえらせる会
しかし、すごいな、ぜんぶ出鱈目だぞ。
ある意味、感動するよ・・・。

EMとは「有用微生物群」のことで、さまざまな汚れをきれいにして、腐敗菌を抑える働きを持っています。

腐敗菌なんてまるで悪者のように言うけど、汚濁成分を分解して川を綺麗にしてくれていて、ちゃんと役に立っているんだけどな。
だから、EMの仲間・同士でもあるんだけどな。

水質浄化の過程で、EM菌は、ヘドロの中のアンモニアやメタンなどの有害物質をエサとして体内に取り込み、アミノ酸や糖類などの有用物質に変えて、体外に放出します。

アンモニアもメタンも、川に流れ込んだ汚れを腐敗菌が分解して作ってくれたものなんですがねぇ。
アンモニアは酸素が多い環境に移動すると、川の中の細菌が、魚などには無害で植物の栄養になる硝酸態窒素に変換してくれます。
メタンは気体なので大気中に拡散します。

だから、わざわざ、アンモニアやメタンをアミノ酸や糖類に合成する必要はないのです。というか、アミノ酸や糖類といった有機物は、川にとってはまさに汚濁物質、ゴミなのです。

ヘドロは、有機物を腐敗菌が繁殖して分解する過程で出来る、腐敗菌と有機物のコロニーなのです。

EM菌によるヘドロの分解が進むと、植物性プランクトンが増え、魚介類も増えるので食物連鎖がよみがえり、生態系が豊かになります。

↑上で指摘したとおり、EMはヘドロを分解してはくれません。むしろ、ヘドロの元を作り出しているのです。せっかく、腐敗菌が汚濁物質を分解しているのに、それ妨げようとしているのです。

あれです、駅でお掃除スタッフが綺麗に掃除した後に、その直後に、わざと煙草の吸い殻を投げてる馬鹿者と一緒です

乳酸菌・酵母菌などの発酵菌は有機物を発酵分解します(=漬物化)。汚染された水域にEMを投入すると、水中の懸濁物や底質のヘドロをはじめとする有機物が発酵分解され、様々な種類の生物が利用可能な大きさや物質へと変換されます(=有機の可溶化)。

↑上では、EMはアンモニアやメタンからアミノ酸や糖類といった有機物を合成すると書いているのに、そのすぐ後に、有機物を分解する言うのですから、なんというマッチポンプ・・・・


発酵分解された有機物(水中の懸濁物やヘドロ)がさまざまな生物に利用されることから、多様な生態系が構築され、結果として底質・水質が改善されます。

分解された有機物というのが意味不明です。
水質の浄化とは、普通は、水中に存在する有機物が、細菌や微生物の働きで、無機化されることを言いますが、EMは無機化には貢献しないようです。

光合成細菌が有機物の分解過程で発生するアンモニア硫化水素などの有害物質(悪臭原因物質)や代謝物を利用して、物の腐敗・劣化の原因となる「酸化」を防ぐ「抗酸化物質」を生成します。生成された抗酸化物質により環境全体が「酸化」(=腐敗・劣化)を抑制する「抗酸化」の状態になります。

抗酸化物質も、汚濁物質なのですが・・・。

有機物の分解は、最終的には無機化されることですが、無機化は、腐敗・酸化の結果です。
EMは、有機物は分解しちゃダメって言っているんですね。


EMの自己矛盾っぷりは、素晴らしいですね。